ブログ

シフォンケーキの盛り付け方とデコレーション方法

投稿日:

お菓子教室でも人気メニューのシフォンケーキ♬

カットしてお皿の盛り付け方と、

ホールをデコレーションするときの一例をご紹介します!!

 

シフォンケーキのお皿の盛り付け方

盛り付け例1

春らしいピンクのイメージで、味は桜のシフォンケーキと、ストロベリーソースとバニラアイスクリームでお皿に盛り付けています。

【用意するもの】

  • 白いお皿 ⇒ 直径20㎝位の平らなお皿が盛り付けスペースがとりやすいです。
  • 絞り袋又はコルネ ⇒ 絞り袋は100均でも売っています。
  • デザートスプーン ⇒ クネル型に向くのは、デザート用、スープ用などの深いものがうまくいきます。

※アイスクリームをクネル型に盛り付けるために、このスプーンを使っています。

真横から

 

 

 

 

 

 

斜めから

 

 

 

 

 

 

ストロベリーソースを使った盛り付け方

  1. ソースが生える白いお皿を用意します。
  2. 絞り袋にストロベリーソース(市販品可)を入れ、先を細くハサミでカットして、お皿に大きく描きます。ソースのライン上にカットした苺を更にアクセントに置きます。
  3. カットしたシフォンケーキを写真の向きに注意してのせます。この時、ど真ん中ではなくちょっと外側に寄せて盛付けスペースを確保します。
  4. アイスクリームをクネル型に盛り付けます。スプーンを少し温めてアイスクリームを転がすようにまとめるとうまくいきます。先に練習してください(笑)!
  5. あればマカロンの他、小さなクッキーなどをポイントに一つ添えると、デセールのようでお皿の上が楽しくなります♪
  6. 最後に、フレッシュハーブのチャービルをあしらってフレッシュ感と彩りを与えます。

≪解説≫

お皿をパッと見た時の印象が白×赤色系なので、最後に添えるハーブの緑色は、全体を引き締める効果があります。

盛り付け例2

お皿をデコレーションするのは、レースペーパーをステンシル代わりに使った抹茶パウダーです!

【用意するもの】

  • 白いお皿:直径20㎝くらいあるとデコレーションするスペースが取りやすいです。写真はスクエア型。
  • レースペーパー:写真で使用したものは、直径約15㎝サイズ。
  • 茶こし

抹茶パウダーを使った盛り付け方

  1. 小皿の上に茶こしを置き、抹茶パウダーを少量準備します。盛り付け皿にレースペーパーを写真の位置に注意して置き、その上に抹茶パウダーを茶こしでふるいます。茶こしをトントンと軽くたたくようにすると綺麗に仕上がります。
  2. カットしたシフォンケーキをのせます。向きに注意!!
  3. あれば、マカロンなどの小菓子や、シュガートッピング(市販品あり)を散らしてお皿を彩ります。

≪解説≫

ケーキが桜シフォンで和素材ということと、全体が白色×ピンク色なので、映える色としても抹茶パウダーがオススメです。ココアパウダーにすると印象が少し暗く変わります。

シフォンケーキのデコレーション方法

盛り付け例1

 

【用意するもの】

  • パレットナイフ小 これだけです!

※写真のパレットナイフ小は、全21㎝、刃渡り12㎝位のものです。

 

お花のようなデコレーション方法

パレットナイフの先2~3㎝位(※裏側)に、ゆるめに立てたホイップクリームをつけます。ケーキの側面、又は天面にクリームを軽く押し当て、そのままスッと引くようします。何度かバッドの上などで練習してから行うといいです(笑)!

≪解説≫

絞りのテクニックが不要なので、初心者さん向けホイップクリームの簡単デコレーションです!

盛り付け例2

こちらはハロウィン仕様ですが、かぼちゃ味のホイップクリームに、チョコレートのガナッシュで蜘蛛の巣デコレーションをしました!

 

【用意するもの】

  • 絞り袋又はコルネ
  • ビターチョコレート20g+お湯ml

チョコレートのデコレーション方法

  1. ホイップクリームでナッペしたシフォンケーキを用意します。
  2. 湯せんで溶かしたチョコレートにお湯を入れてなめらかなチョコレートソースを作ります。絞り袋またはコルネに入れて、先をハサミでカットします。試し書きをして太さを調整してください!
  3. ケーキの天面の角にそって、チョコレートが滴るデザインになるようゆっくり描きます。
  4. 天面の蜘蛛の巣デザインは、年輪のように輪を描き、竹串でスッとひきます。

≪解説≫

チョコレートソースは、お湯を加えたガナッシュにすることで、ゆっくり作業しても固まりづらく柔らかいので作業性が良いです。また、チョコレートの味が良いアクセントになるので、是非製菓用クーベルチュールチョコレートを使って美味しく仕上げましょう!

 

【この記事を書いた人】お菓子研究家 KAORI

札幌で、贈って喜ばれる「魅せるお菓子」がコンセプトの、大人可愛い本格スイーツが習えるお菓子教室を主宰しています。

桜のシフォンケーキやかぼちゃのシフォンケーキ、他、レッスンしています!こちらをご覧ください。

▶レッスンメニュー詳細はコチラ

 

-ブログ

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.