札幌のお菓子教室ドルチェカオリへようこそ!

プロのマフィンレシピ

マフィン レシピ

サワークリームを入れるとプロの味になるマフィンレシピ

更新日:

お店などプロが作るマフィンレシピにはオイルマフィンとバターマフィンの2種類があります。ここでは、しっとりコクのある風味が楽しめるバターで作るマフィンレシピで、プロっぽい仕上がりになるポイントとコツを合わせて説明します!

 

プロのマフィンレシピ

《直径約7㎝マフィン型5個分》

【材料】
食塩不使用バター 45g
砂糖 80g
卵(M玉) 1個
サワークリーム 45g
粉類
●薄力粉 110g
●ベーキングパウダー 小さじ1
●塩 少々
牛乳 15g

【はじめに】
・バター、卵、サワークリーム、牛乳は常温に戻しておく。
・粉類(薄力粉、ベーキングパウダー、塩)を合わせてふるっておく。
・オーブンを180℃に予熱する。
・マフィン型にグラシンカップを敷いておく。

プロのマフィンレシピのマフィン型

 

【作り方】
①ボウルにバター、砂糖を入れてハンドミキサーですり混ぜる。

②卵を溶いて少しずつ加え、その都度ハンドミキサーでよく混ぜる。この時生地がモコモコしてきてしっかり乳化するまで混ぜる。

③サワークリームを加えてハンドミキサーで混ぜ合わせる。最後にゴムベラで生地を均一に混ぜる。

④粉類の半量を加えてゴムベラで粉気が残る程度まで混ぜる。

続いて牛乳を加えてゴムベラで軽く混ぜる。

残りの粉類を加えてゴムベラで粉気が無くなるまで混ぜる。

⑤ハンドミキサーで生地にツヤが出るまで約30秒混ぜる。

⑥ディッシャーまたは大きなスプーンで生地をすくい、マフィン型に5等分に入れ、180℃のオーブンで30~35分焼く。

⑦焼き上がりの目安は、生地の表面にほんのり焼き色がついていることと、竹串を中心に深く刺して生の生地がついてこなければ焼き上がりです。

⑧粗熱が取れたらマフィン型(金型)から外して網の上で冷まします。

 

【保存と食べ頃】
・半日経つと生地がしっとり馴染んで食べ頃です。美味しい期限は2日です。

・保存はラップをしてジップロック又は深いタッパーに入れ密閉し、常温保存します。

 

プロっぽいマフィンをつくるためのレシピポイント

プロPoint①【材料について】

・バターを有塩で代用すると塩気が増すので食塩不使用がおすすめです。

・砂糖はグラニュー糖がおすすめです。ブラウンシュガーの代用もOKですが、生地の色味が茶色くなって見た目の印象が変わる事まで考慮できればプロの域です ^^

・サワークリームはメイトー90g入を使用しました。レシピが45gなので2回で使い切れるのも嬉しい容量です♪使い切りや廃棄を減らす考え方はプロも家庭の手作りも一緒です!

・ベーキングパウダーの計り方は、すりきりで小さじ1です。約3.5gです。小さじ1杯が適当では膨らみ方に異変が!!ここは丁寧に^^

プロのマフィンレシピのベーキングパウダー

 

プロPoint②【焼き方のコツについて】

・予熱は焼く温度よりも10~20℃高くしておくと良いです。マフィンを庫内に入れたら焼成温度に設定を変更することを忘れずに!

・焼型のサイズが小さい場合は、焼き時間を少なくしてください。

 

プロPoint③【復習に役立ついい話☞】

今回180℃で35分位で焼きすぎになってしまった場合は、次回は10~20℃下げて時間以内で調度焼き終わるように調整してください。逆に焼き時間を追加する必要があった場合は、次回は10~20℃上げて調整してください。しっとり焼き上げるためにはレシピの時間内で温度を調度よく設定することが美味しく焼き上げるプロの秘訣になります!しっとりかパサパサの分かれ道は、焼成温度と時間の関係にあります。

 

札幌でお菓子教室ドルチェカオリを開催しています

プロのマフィンレシピ|オレンジ

5月レッスンメニュー:
オレンジチョコチップマフィン≪ラッピングレッスン付き≫
ディーンアンドデルーカやスターバックスなどでよく見る、アメリカンタイプのボリューミーなマフィンです!

【毎月レッスン開催中・札幌】マンツーマン、プライベートレッスン!自分のペースでお菓子の基本から学べる教室の詳細はこちらから≫

 

-マフィン, レシピ

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.